blog index

* mogirl *

--- mogirl(もがーる)ブログ ---
mogirlは、もとまつりをきっかけとして南相馬市原町区に生まれたサークルで、活動の中心は20代と30代の女性です。かえっこをしたり、ハンドメイドを楽しんだり、みんなでお出かけしたりしています☆
このブログは、日々のあれこれを中心に、メンバーが交互に書いています。
<< 角田訪問 | main | 土壌の放射線測定 >>
南相馬市のソラマメ
三島町の畑でmogirlが育ててきたソラマメ。
原発事故の後は、あきらめて放置していましたが、実が大きくなってきていて、とても悲しいです。

先日新聞に、南相馬市で5/25に採取したソラマメの放射能検査の結果が出ていました。
(以下の数値の単位は全てBq/Kgです)

放射性ヨウ素 0 (国内暫定基準値 2000)
放射性セシウム 160 (国内暫定基準値 500)

あれ?
もしかして、食べられる?

ただ、なんとなくあやしい気がする「暫定基準」なので、不安ですよね。

少し調べてわかったのは

震災の前の日本の輸入食品の放射能基準は、放射性セシウムが370で、この基準を超える食品は輸入していなかったこと。

EUでは、日本の原発事故発生後、日本から輸入される食品に関して、日本の暫定的な規制値に合わせて基準値を引き下げ(厳しくし)たこと。
その引き下げた基準値が放射性セシウムの場合、乳幼児用食品200、乳製品200、飲料水等200、その他食品500であること。

つまり、南相馬市のソラマメの160は、EUの厳格化した乳幼児用食品の基準値より低いことがわかりました。

このソラマメを一年中食べるわけではないし、そもそもソラマメはお腹いっぱい食べたりしない。
おまけに私は若くないし。

私、食べることにします!


【参考】

ソラマメ|全国の食品の放射能調査(リンクはsatoru.netさんの放射能情報サービスのページです)

放射能暫定限度を超える輸入食品の発見について[第34報](リンクは厚生労働省のページです)

基準値の根拠を追う:放射性セシウムの暫定規制値のケース(リンクは独立行政法人 産業技術総合研究所 安全科学研究部門のページです)

食品の放射性物質の暫定基準値はどうやって決まったか(リンクは三重大学生物資源学部准教授 勝川俊雄氏のページです)
| おれいゆ | 楽しい畑 | 14:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

bolg index このページの先頭へ